【山口支社発!】裸坊祭に参加しました。

今年も、山口支社有志で防府天満宮御神幸祭(裸坊祭)に総監督1名、裸坊9名、応援団6名、の計16名で参加しました!

地域のお祭りの歴史をつなぐ貴重な経験で

参加した若い社員には、とても良い経験になったようです。

翌日の新聞には、“ナイスポジション”の当社の提灯の写真が掲載されていました。

是非、新聞記事もご覧ください。

朝日新聞山口版 令和元年11月24日記事「山口)5千人男衆で境内わきたつ湧き湧き立つ」

山口新聞 令和元年11月24日記事「裸坊わっしょい熱気」

 

【新人フォローアップ研修最終日】

最終日!

参加者による研修報告書の発表で無事、終了しました。

研修を通して、「基準書の大切さを再認識した」「見るべきポイントが見つかった」

「後輩を教えることが良い経験になった」という声が多く出ました。

【入社時】              【1年半後】

それにしても、入社時に比べて、みんな本当に大人になったなと思います。

社会に出て、頼れる社会人の顔に変わっていく若い社員を見ると本当に頼もしく感じます。

【入社時】              【1年半後】

【入社時】              【半年後】

【入社時】              【半年後】

これからの活躍が楽しみな『シーエム・エンジニアリング若手社員』です。

それぞれ、この研修で学んだことを支社に帰って、業務で活かしてほしいと思います。

 

【新人フォローアップ研修4日目】

4日目を迎えました。

今日の研修生の表情はキリっとしていました。

3日目に続き、積算実務演習です。

書類に向き合い、数字に向き合い、2年目の研修生は1年目の研修生をフォローしながら真面目に取り組んでいました。

 

明日はいよいよ最終日。

どんな1日になるのか楽しみです。

【新人フォローアップ研修3日目】

3日目、折り返し地点に来ました。

今日は、室内での積算実務演習です。

多くの演習資料を基に積算資料を作成する演習を2人一組で行います。

先輩社員に積極的に質問する姿や、周りの仲間と協力する姿があちこちで見え、研修スタッフも手応えを感じた1日になりました。

実務経験プレゼンテーションも順調に進んでいます。

今日からは入社1年目の研修生の発表に入ったので2年目の研修生から難しい内容の質問も飛び交い、より技術力に磨きのかかる内容になりました。

 

夜は、お楽しみの懇親会・・・

お洒落なお店で、広島在住の先輩社員と交流を交わしました。

【新人フォローアップ研修2日目】

研修2日目は、現場見学から始まりました。

現在施工中の広島高速道路5号線のトンネル工事を広島道路高速公社さんのご説明のもと、見学しました。

珍しいシールド工法を間近で見ることが出来る非常に貴重な体験となりました。

お昼からは異動して砂防工事の現場で現地調査演習を行いました。

現場から帰るとすぐに資料作成演習に入ります。

また、この研修中には、それぞれが支社で経験した実務をプレゼンし新入社員同士で共有し合うプレゼンテーション演習も行っています。

2日目となった今日は、質問の飛び交う良い場になっていました。

明日も頑張ってほしいですね。

【新人フォローアップ研修1日目】

10月28日(月)新人フォローアップ研修の1日目を迎えました。

各支社から入社1年目・2年目の社員が集まり技術力の向上を図る密度の濃い1週間の始まりです。

本日は、オリエンテーションから始まり、

①先輩社員の若手社員時代の経験談

②積算実務研修

 

新入社員の皆さんとは4月の新入社員研修ぶりの再会でしたが、入社して半年経ち学生の表情から社会人の表情に変わった頼もしい姿を見ることが出来ました。

今日から1週間、参加者皆で協力して良い時間を過ごしてほしいと思います。

【岡山支社発!】現場見学会報告

毎年恒例、岡山支社の現場見学会で10月17日に開催しました。

今年度は、鳥取県の大山・二の沢砂防堰堤工事の見学に行ってきました。

災害に縁が無く、防災意識の低かった晴れの国おかやま。

昨年(2018年)の豪雨災害を経験し、自然災害の恐ろしさ、防災の大切さを再認識した岡山。

多くの社員の勤務場所が岡山県南平野部や福山市のため、日頃目にすることのない砂防堰堤は、参加者にとって、とても興味深く構造物の大きさにも圧倒されました。

 

 

 

若手社員基本スキル研修を開催しました!

若手社員を対象にロジカルライティング研修が開催されました。

社外とのコミュニケーションは勿論、職場内でのコミュニケーションにおいても重要になる

ロジカルに物事を捉え、伝えるスキルについてのセミナーをメインに行われました。

参加者には、事前に行ったビジネス基礎力診断の結果が返却され、自身の強みや課題を認識することで、さらなる成長につながる機会になったようです。

参加者からは、

「研修で得た知識を日常業務に落とし込み、知識の習得だけでなく実践していきたいと思う」

「論理的思考力は様々な場面で必要になってくる力なのですぐに活かしていきたい」

という感想が上がっていました。

日頃、離れた場所で働いている同年代の仲間と行うグループ討議は参加者にとって大変良い刺激となった様子でした。

上級管理職実践研修を行いました

管理職を対象に「マネジメントの見える化」研修を開催しました。

事前に行った360度評価の結果から、自身のマネジメント特性を把握し、成果目標の達成や人材育成といった部門管理構想の実現に向けた課題を明らかにするグループワークを行いました。

最終日には、それぞれの管理構想実現に向けてのアプローチ方法を発表しました。

 

参加者からは、

「自身のマネジメントを振り返る良い機会になった」

「マネジメントについて意識的に取り組んでいきたい」

といった前向きな感想が聞こえました。

 

 

【鳥取支社発信!】殿ダムイベントに参加しました!

鳥取市国府町の殿ダムで、「森と湖に親しむ旬間」のイベントが開催されました。

当社から殿ダム業務担当者を中心にしたメンバーが、イベントの応援として参加しました。

巡視船体験に参加してくれた方々からは、ダム提体の涼しさや船上での爽快感を楽しめたと好評を頂きました!