【島根支社発!】お花見レガッタ・さくらおろち湖ウォーク大会に参加しました!

今年も5月12日、雲南市尾原ダムで開催された「さくらおろち湖 お花見レガッタ」に参加しました。

毎回優勝を目指し、一致団結して頑張っています。今年の結果は・・・

 

シーエムエンジニアⅠ   雲南男子第3位

シーエムエンジニアⅡ     雲南男子第2位

シーエムエンジニアG     雲南女子第3位

 

優勝へはあと一歩届きませんでしたが、初めて3艇とも入賞することが出来ました。

この調子でいけば“優勝”も近いのでは⁈

 

また、同日開催された「さくらおろち湖ウォーク大会」には、島根支社から精鋭9名が参加しました。

ダム湖の周辺を周る山あり谷ありのルートを9名全員完歩しました!

 

【島根支社発!】CSR活動「神戸川一斉清掃」「斐伊川一斉清掃」に参加しました!

4月21日(日)に行われた「神戸川一斉清掃」に当社社員とその家族、合計22名で参加しました。

午前8時から約1時間かけて、神戸堰下流右岸側約1.5㎞区間を清掃しました。

4月25日(木)には、「斐伊川一斉清掃」に23名で参加しました。

午前8時から約1時間かけて神立橋西詰下流1.7㎞の堤防周辺を清掃しました。

神戸川も斐伊川も河川敷利用者のマナーが良く、ごみの数より人の数の方が多いと思わせるほど環境が保全されていました。

 

島根支社は今後とも積極的にCSR活動に参加します。

中国地方整備局「小型無人航空機操縦者育成研修」を支援しました

平成31年4月15日から4月26日まで中国地方整備局が行った『小型無人航空機操縦者育成支援研修』を当社の技術開発部が支援しました。

当研修は中国地方整備局職員の技術向上としてドローンの操縦ができるように実操作に必要な技量を習得するための研修で、技術開発部の講師4人を中心に必要な基礎知識に関する講義とドローンによる調査を実施するために必要な技能講習を行いました。

 

 

災害発生時、迅速に被災状況を把握し、被災箇所の安全確保や被害の拡大防止に役立つドローンの技術が広がることで国民の生命・財産を守る仕事の支援に取り組むことが出来ました。

これからも、技術を磨き、未来を拓く仕事に邁進して行きたいと思える大変やりがいのある仕事となりました。

OJTリーダー研修

新入社員を迎えたばかりの4月3日、新入社員をしっかりと育てるべく「OJTリーダー研修」を行いました。

『部下や後輩に現場で仕事をしてもらいながら、その時の理解度や気持ちを随時把握しつつ、その場で指導を行う人材育成手法』であるOJTを外部講師を招き学びました。

また、各所属毎に育成計画書の作成を行いました。

有意義な研修で新入社員を迎えるに当たり、受講した社員も「頑張ろう!」と気合の入る研修でした。

新入社員が入りました

4月1日に入社式が行われ、9名の仲間がシーエム・エンジニアリング社員になりました。

入社式では藤田代表取締役より「新たなステージへのスタートだと思って頑張ってください」と激励の言葉が送られました。

入社式後は、5日間の新入社員研修が行われ、当社の業務内容や現場見学、社会人マナーを学び各支社へ配属されました。

これから楽しいことも苦しいこともたくさん経験すると思いますが、先輩社員に助けてもらい、同期の仲間と切磋琢磨し立派な技術者へ成長してほしいと思います。

 

°˖✧新入社員研修✧˖°

 

☝緊張気味な新入社員たち・・・

☝当社の業務内容の説明

☝温井ダム見学

 

 

 

 

ドローンの実証実験をおこないました!

平成31年3月8日、当社と(株)NTTドコモ中国支社により、セルラードローン(携帯電話を搭載したドローン)による実証実験をおこないました。

  

当社ではかねてより、平成30年7月豪雨等、様々な場面でドローンを活用していましたが、現状のドローンでは飛行範囲が限られ、広範囲の状況をリアルタイムに確認できないといった課題がありました。今回の実証実験では、セルラードローンでの『長距離飛行』や『遠隔での飛行経路制御』、『撮影映像の複数拠点への配信』による“遠隔での状況確認手法の確立”を目指し、一度に約8kmの長距離飛行や遠隔操作での手動運転およびルート変更、三次市や広島市内へのリアルタイム映像配信の実験をおこないました。

今回の実証実験では、今後の技術改良や電波法の法改正がなされれば、災害時での映像等の情報提供等で十分活用できる技術であることが確認されました。

【実証実験概要】

実施日時:平成31年3月8日(金)午後1時30分から午後3時

対象区間①:広島県三次市作木町門田~同町下作木地内(L=8.1km)

対象区間②:広島県三次市作木町下作木地内(L=5.0km)

飛行高度:100~150m

映像受信箇所:広島県三次市(N=2箇所)、広島県広島市(N=1箇所)

※LTE端末をドローンに搭載することは電波法で禁止されていますが、今回の実験では総務省の許可を得て実施しています。

地域貢献活動に参加しました!

当社の島根支社では、地域貢献活動に積極的に参加しています。

10月から11月にかけて参加した活動2件を紹介します。

  

【一般国道54号神在月クリーンアップ大作戦】

全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲の国に集まる神在月である11月(旧暦の10月)に合わせて、秋の行楽シーズンを気持ちよく楽しんでもらえるように、毎年一般国道54号の清掃活動に参加しています。今回は、10月17日に国道54号線の高校や中学校、地域のボランティア、工事関係会社等、総勢約430名が参加し、清掃活動を行いました。島根支社からは22名が参加し、国道54号加茂町東谷パーキング周辺のゴミ拾い、草刈りを行いました。

 

【「ハートフルしまね」一般国道184号有原跨線橋歩道及び支社周辺環境整備活動】

島根支社では「ハートフルしまね」(島根県公共土木施設愛護ボランティア支援制度)の認定を受け、年2回支社の前をとおる国道184号有原跨線橋歩道の清掃活動を実施しています。当日は、天候が危ぶまれましたが、比較的暖かくなり11月26日に島根支社から37名が参加し、ゴミ拾い、草刈りを実施しました。作業中は、歩行者の方から「ご苦労様です。」とねぎらいの言葉もいただき、清掃後は歩道の端に繁っていた草もなくなり、歩行者や自転車を利用する皆さんも安全に通行することができるようになりました。

防府天満宮 御神幸祭に参加しました!

当社の山口支社がある防府市で一番大きなお祭り、防府天満宮御神幸祭(通称:裸坊祭り)に参加希望を募ったところ、裸坊13名+応援団6名のお祭り好き?が参加しました。

支社として初めての参加なので奉納神輿制作、振る舞いの分担などバタバタしながら準備し、防府天満宮の大階段を駆け上がりました!

第40回 一畑薬師マラソン大会に参加しました!

今年もマラソンの時期がやってきました。今回、当社の島根支社10名(10kmの部:1名、5kmの部:7名、ウォーキングの部:2名)が参加したのは、日本一過酷な石段マラソンと言われている一畑薬師マラソン大会!10月28日に開催され、マラソンに参加された人数は総勢1,393人!!今回は40回目という記念すべき大会なので、初回から連続出場している選手の方々が表彰されました。その中にはどこかで見たような顔が。よく確認すると、なんと、毎月お世話になっている産業医の先生でした!おみごと!!

そして一畑薬師と言えば石段なのですが、その数なんと、1,138段もあるそうです。

無事帰ってこられるのでしょうか・・・((((;゜Д゜)))))))

 

準備運動をしているうちにスタートの時間になり、出発場所で待っていると、審判の方がやってきました。

 

審判の方がピストルを掲げます。

 

「よ~い!!・・・・・・。」

 

・・・・・あれ?

 

「ドン!(審判魂の叫び!)」

 

選手達はスタートしました。

 

まず最初の試練は、長い下り坂。後で石段があるから体力温存と思い走っていると5分後にスタートした30代、40代の方達がどんどん迫ってきてあっという間に抜いていかれました。そのまま抜いて抜かれてをしている内に坂を下り終え、少し走るとあっという間に半分まで走ってきました。これはいけると思っていたら、残り1kmの看板があり、ここから地獄(石段)の始まりでした。

歩きながらもなんとか石段を登り終えるとあと少し、そしてようやくゴールにたどり着けました。

参加者の皆さん本当にお疲れ様でした。

災害対策関係功労者表彰をいただきました。

平成30年7月豪雨に際し、迅速かつ的確に災害対応に従事し災害の拡大を防止したとして、当社の広島支社と山口支社が国土交通省中国地方整備局長より感謝状をいただきました。

この度の災害により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。