中国地方整備局「小型無人航空機操縦者育成研修」を支援しました

平成31年4月15日から4月26日まで中国地方整備局が行った『小型無人航空機操縦者育成支援研修』を当社の技術開発部が支援しました。

当研修は中国地方整備局職員の技術向上としてドローンの操縦ができるように実操作に必要な技量を習得するための研修で、技術開発部の講師4人を中心に必要な基礎知識に関する講義とドローンによる調査を実施するために必要な技能講習を行いました。

 

 

災害発生時、迅速に被災状況を把握し、被災箇所の安全確保や被害の拡大防止に役立つドローンの技術が広がることで国民の生命・財産を守る仕事の支援に取り組むことが出来ました。

これからも、技術を磨き、未来を拓く仕事に邁進して行きたいと思える大変やりがいのある仕事となりました。

新入社員が入りました

4月1日に入社式が行われ、9名の仲間がシーエム・エンジニアリング社員になりました。

入社式では藤田代表取締役より「新たなステージへのスタートだと思って頑張ってください」と激励の言葉が送られました。

入社式後は、5日間の新入社員研修が行われ、当社の業務内容や現場見学、社会人マナーを学び各支社へ配属されました。

これから楽しいことも苦しいこともたくさん経験すると思いますが、先輩社員に助けてもらい、同期の仲間と切磋琢磨し立派な技術者へ成長してほしいと思います。

 

°˖✧新入社員研修✧˖°

 

☝緊張気味な新入社員たち・・・

☝当社の業務内容の説明

☝温井ダム見学

 

 

 

 

ドローンの実証実験をおこないました!

平成31年3月8日、当社と(株)NTTドコモ中国支社により、セルラードローン(携帯電話を搭載したドローン)による実証実験をおこないました。

  

当社ではかねてより、平成30年7月豪雨等、様々な場面でドローンを活用していましたが、現状のドローンでは飛行範囲が限られ、広範囲の状況をリアルタイムに確認できないといった課題がありました。今回の実証実験では、セルラードローンでの『長距離飛行』や『遠隔での飛行経路制御』、『撮影映像の複数拠点への配信』による“遠隔での状況確認手法の確立”を目指し、一度に約8kmの長距離飛行や遠隔操作での手動運転およびルート変更、三次市や広島市内へのリアルタイム映像配信の実験をおこないました。

今回の実証実験では、今後の技術改良や電波法の法改正がなされれば、災害時での映像等の情報提供等で十分活用できる技術であることが確認されました。

【実証実験概要】

実施日時:平成31年3月8日(金)午後1時30分から午後3時

対象区間①:広島県三次市作木町門田~同町下作木地内(L=8.1km)

対象区間②:広島県三次市作木町下作木地内(L=5.0km)

飛行高度:100~150m

映像受信箇所:広島県三次市(N=2箇所)、広島県広島市(N=1箇所)

※LTE端末をドローンに搭載することは電波法で禁止されていますが、今回の実験では総務省の許可を得て実施しています。

救命講習を開催しました!

9月11日、当社の広島支社大会議室で救命講習を開催しました。

広島西消防署より2名の講師を派遣していただき、AEDを使った心肺蘇生法を中心に普通救命講習を行い、20名の受講者全員、無事終了証の交付を受けました。

いざという時に大切な人の命を守ることの出来る技術、そして、一番慌ててしまうであろう瞬間にその技術をしっかりと発揮できるように物資だけではなく技術や気持ちを備える事の大切さを教えていただきました。

組織変更のお知らせ

このたび事業部は、広島支社へ組織変更することとなりましたのでお知らせいたします。
※なお、住所、電話番号、FAX番号の変更はございません。
広島支社
〒733-0012
広島県広島市西区中広町三丁目25番18号
TEL(082)503-4510 FAX(082)503-1234

本社移転のお知らせ

株式会社シーエム・エンジニアリングは、下記のとおり本社を移転いたしましたのでお知らせいたします。
新本社住所
〒732-0052
広島県広島市東区光町一丁目10-19 日本生命広島光町ビル7階
TEL(082)568-8181 FAX(082)568-8182